トレード日誌

豪ドル米ドル取引

皆さんどうも、りょすけです。

ここ一週間、トレードを全くしてませんでした。

勉強不足で負けを沢山してましたので、修行に出ておりました。

で、また戻ってまいりました。

来週以降のチャート分析を始めます。

豪ドル / 米ドル

こちら、現在の豪ドル米ドルの一時間足なんですけど、

来週からのトレード戦略は基本的に、

トレンドチャネル、水平線、ダウ理論をベースに、もっと短期間の足をちゃんと見て、デイトレをします。

で、時間帯の感覚をちゃんと持つようにしますと。

今、青色で引かれているダウンチャネルは、四時間足で引いたもので、下降トレンドです。

で、赤い色のチャネルが、短期の上昇トレンドです。

僕は、次のトレードでショートします。

理由は、1時間足でチャートを見たときに、ダウ理論的に、押し安値を下へ突破したので、下目線になったと思っているからです。

こんな感じですね。

押し安値を下へ実体で抜けて、今、前回の安値も更新しそう?

ただ、四時間では見え方が違う。

髭で前回の押し安値を抜けたけど、まだ実態では抜けてない。

このまま、四時間足レベルでは、また高値を更新するかもしれないね。

その後

その後、トレードしました。

結局、レンジになり、ショートすると言ったけど、なぜ、レンジになったか。考えたことなどを書きます。

トレーディングレンジ

まよはれFXさんから学んで、偉大な教えをたくさんもらったんですが、

このトレーディングレンジの考え方はとても勉強になった。

取り敢えず、最初に目指す値動きはここだろうなって。

で、ここを越えれば次のトレーディングレンジに行くかなって。

そのレジサポラインが上段の赤い線です。

ここを反発すれば、トレーディングレンジのレジスタンスまで行くかなと。

で、行ったね。

朝予想通りだった。

こうすると見やすいね。

サポートが強くて反発して、レジスタンスの付近で反転して、レンジと。

で、もっと大切なのは、色々相場からサインがもらえます。

例えば、

ヘッドアンドショルダーみたいになってるところがあるけど、

左の肩の安値を、右の肩の安値が抜けてしまうけど、

左の肩の高値を、右の肩の高値も抜けていますね。

この時点で、相場は、買いの勢いも強いことを示していますね。

次に、下記のチャートの、黄色い丸を見てもらえれば、

レジスタンスに到達できずに、下ひげが出てる。

これは、サポートが機能したと認識しましたね。

それで上だと。

で、トレーディングレンジのレジスタンス付近で利益確定

今は、方向感がなくなってるね

今は方向感がなくなっているので、様子見ですね。

でも、今回はいい取引ができたかな。

カテゴリーで探してみてね

-トレード日誌

Copyright© 一杯のコーヒー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.