トレード日誌

ニューヨーク時間はボラが激しい

どうも、りょすけです。

昨日はニューヨーク時間勝てたけど、この勝利は、前回の負けトレードから学んだ結果です。

今日は、その負けトレードを考察していきましょう。

それがこちら。

20/11/05 22:52 にロングして、20/11/05 23:06に決済しました。

名付けて、超絶スキャルピング・ボラ損切です。

つくづく思うけど、ヨーロッパ時間とニューヨーク時間は値動きが全然違うよね。

ヨーロッパだと、今の僕の感覚だと、中々、サポレジは固く、あんまりサポレジをぶち抜かず、ある程度前へ進んでいく印象がある。

でも、ニューヨーク時間だと、サポレジを上下に普通に突破して値動きがある。

前回の負けも、それにはまった。

短期足の、レジサポ周辺のレンジに捕まってるだけなのに、やばい逆行したと思って短期足だけ見て損切してしまった。

最近思ってるけど、ポジション持った後に、損益金額は見ないほうがいいね、感情が揺れて良い意思決定ができない。

チャートの形だけ見とけばいいんじゃないかなって。

それで、各市場の初動を狙っているならば、環境認識があっていれば、多少逆行しても、そっちの方向に進むほうが多いと思う。

勢いが、あるから。

じゃあ、さっそく実際のチャートを見てもらいます。

こんな感じ。

僕が買った瞬間に落ちてしまった。

それで、僕の記憶だと25EMAを下に抜けた時点で損切した。

でもさ、これ、普通に1hで見てみると、

ただ単にコマ足になってるだけで、引き続き、上昇した。

で、何が言いたいかと申しますと、

こういう動きはニューヨーク時間にはよくあるってことです。

このくらいのボラティリティは発生するって言いたいわけです。

で、こういうところで変に焦って損切するのはもったいない。

僕が損切りした波を見てみると、およそ15~20pipsはある。

このくらい逆行すると、怖くなるよね。

ヨーロッパ時間では、このくらいの逆行の値動きはなくて、せめてもう少し前へ進んでたから。

じゃあ、今日は以上です。

カテゴリーで探してみてね

-トレード日誌

Copyright© 一杯のコーヒー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.