FX テクニカル

なぜfxでは買ったら下がり売っ たら上がることになるのか。理由は当たり前だからです。

こんにちわ。

 

FXトレードといえば、押し目買いと戻り売りですよね。

 

私は普段はFXトレードは短期売買をしてまして、デイトレをしながらスキャル気味のトレードをよくしています。

 

つくづく思うんですけど、値動きというのは、

 

皆んなが買えば上がるけど、散々買われれば下がるんですよ。同時に、散々買われれば上がってくんだけど、結局もう皆んなが買ってしまえば下がるんですよ。

 

これが、FXの短期売買の奥が深いところです。

 

じゃあ、どうやるか、これを今日の記事では見ていきたいんです。

 

よく、FXやってる初心者の人で、fxでは買ったら下がり、売っ たら上がるというようなことを言われるんですけど、

 

ある意味でそれは当たり前っていうか、多分、短期足だけ見て上がり切ったところで買ってるんだと思う。

 

デイトレードっていう名著があるんですけれども、

 

この本の何バンドワゴンの演奏会の話が出てきます。

 

 

ワゴンの台車に人が乗り込めば乗り込むほどに、

 

相場に勢いが増していき、その勢いに便乗して多くの人がまたワゴンに乗り込んでくる。

 

でも、絶頂を迎えるとワゴンは段々と動きを止めて、最後には逆走してしまう。

 

買ったら下がり売っ たら上がるという状況に陥る人は、短期足だけ見て、上がったところで買ってるので、

 

波打つ上昇波のプルバックに捕まることになるんですよ。

 

でも、損切りしても結局はトレンドに乗っかっているのであれば、プルバックは安値を更新できずにまた上がっていく。

 

また上がっていくのを確認したら、やべえ損切りしなければよかったとまた上がったところで買う。

 

(短期足だけ見て)

 

で、また短期足のプルバックに捕まって含み損を抱える。

 

そんなことを繰り返してるうちに、次は中期足のプルバック候補まで来てしまい、逃げきれずに大きなお金を失う。

 

こういうことになる。

 

一概には言えないし、誤解を恐れずに言えば、

 

短期足だけ見てトレードするならば、上下がったら買わなきゃ行けない。

 

上がったときは売られるタイミングです。

 

マルチタイムフレームワークを身につければ相場で迷うことは無くなる

 

マルチタイムフレームワークを身につけると何が嬉しいかと申しますと、

 

買ったら下がり売っ たら上がるみたいな心の不安がなくなり、

 

上がるべきところまでは放っておいても上がるし、下がるべきポイントまで来たら当たり前のように下がるよなと強くなれます。

 

また、そのような値動きの特徴を知っていれば、焦って短期足の値動きに乗っからず、ちゃんと一回戻ってきたところで入れるので、

 

含み損になりにくいし、なっても大概はプラスに転じるし、逃げるのも簡単になります。

 

例えば下記の画像をご覧ください。

 

 

相場というのはフラクタル構造になっていまして、

 

水色の線が日足なら、ピンクの線画1h足です。

 

今、ピンクの1h足でダブルボトムを作ったところを確認すれば、その後上昇していくと思われますが、

 

まだここで買わなくていいです。

 

ここで買ったら、もしかしたら、水色のダブルボトムまでまた落ちてくるかもしれないからです。

 

ロングするタイミングは、このような状況で、短期足が下げ止まったところでロングするのです。

 

 

今、ピンクの矢印を二つ書きましたが、一つは、ピンクのダブルボトムに支えられて上へ上がっていきました。

 

でも、もう片方は、水色のダブルボトムまで落ちてしまいました。

 

ぶっちゃ、こういうことは良くあるのです。良くあることだからこそ、無意味な含み損を抱えないために、

 

しっかり下げ止まってから買うんです。

 

もし、ダブルボトムを確認して、上昇したところで買ってしまったら、

 

必ず短期の上昇波動は、早いタイミングでプルバックしたり、もっと下へ下げたりして含み損になります。

 

でも、逆に、短期足だからこそ、ガーンッ!って下がってたら、それは下降トレンドが続くことではなく、

 

下がった時だからこそ、含み損を抱えにくく、逃げ出しやすく、利益を伸ばしやすいところなのです。

 

中期足や長期足で見た時のトレンドは、一本の勢いが強く、それが継続することが多々あります。

 

でも、短期足は逆です。一本の勢いは弱いからこそ、上がった時に買うと、下がります。

 

結論、長期足で上がってる時に買って、短期足は下がった時に買う。

 

最後にまとめますが、

 

買ったら下がり売っ たら上がるという状況にならないためには、

 

長期足のトレンド方向へロ、ングなりショートなりをするのだが、

 

短期足では、めいいっぱい下がったところで買うのが大事です。

 

下げ止まったら買えばいい。下げ止まったところの左に、チャートパターンなりダブルボトムとかできてれば最高だし、

 

ダブルボトムの安値を抜けてなければ、そこに背中を預けられます。

 

でも、ダブルボトムのネックラインを超えて上昇した先で買えば、短期足はすぐに勢いを失せて、プルバックに捕まり、大きな含み損を抱えます。

 

待ちましょう。下がるまで、そうすれば買ったら下がり売っ たら上がることはありません。

カテゴリーで探してみてね

-FX, テクニカル

Copyright© 一杯のコーヒー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.