トレード日誌

サポートにショート打ち込んだ間違いトレードのお手本 FX

レンジにハマるのは恐ろしいものです。

 

最初っからレンジだなあと分かってれば良いですが、

 

レンジに突入する前に、レンジに突入することが分かってないと、下記のような事態にハマります。

 

逆張りが伸びるかと思ったらレンジで逆行とか、順張りが伸びると思ったらレンジで逆行とかになると、レンジの逆張りは、予想以上に勢いが強くなっちゃうので、損切りされる可能性が大きい。

 

ですから、レンジになりそうだなあってことは、最初っから分かっておく必要があると思うんですよね。

 

昨日の負けトレードも、そんな局面での敗北でした。

 

 

レンジでやられたのはこのトレード。

 

詳しく見てみましょう。

 

21/02/24 22:07にショートして、21/02/24 22:58にロングで損切りと。

 

 

この相場の局面です。

 

ピンクの丸あたりでショートして、水色の丸あたりで損切りして、

 

その後、赤い矢印のように一回上へ行ったけど、まあ15mで確認できる分かりやすいっぽい戻り高値は上へ抜けず、

 

僕の当初の利益確定ゾーンの上昇足のプルバックの押し目付近まで一応下がった。

 

なので、一応シナリオは特に突拍子もないわけではなかったけど、

 

最近ちょっとあまりにも簡単に勝てるので気を抜いてたっぽい、『守り』を固めずに入ったので、守られるべきラインが遠くて、大きな損切りになるのを恐れて耐えられずに損切りしちゃった。

 

実際、15mで確認できる戻り高値までは持ってても一応、シナリオは崩れないが、まあ、昨日はポジションを持った位置とかの関係で、こんな大きな含み損を抱える勇気は昨日はなかったかな。逆張りだったしね。

 

 

これは15m足だけど、赤い丸までは最悪持ってても良かったんだよね。

 

でも、安いところで売りすぎた!赤い丸までは持ってられない、逆張りだし。

 

で、白い部分に着目すると、ここら辺でブル勢の勢いがサポートされてるのも気になるが?

 

他方で、超長い上髭にみられるように、ベア勢の勢いもありそうだと迷いどころ。

 

うん、1h足のチャートを見ると、そんな感じになりそうって分かるぞ。

 

 

白で何回も下行こうとして無理で、サポートされながら安値を切り上げてきてるし、

 

プルバックするにも、遅すぎ!僕がショートしたところは、既に、白い丸ゾーンのサポートに打ち込んでしまってる。

 

アホだあ。

 

なんでこんなことになったんだろうって思うけど、人は間違える。間違えるということを常に知っておかなければいけないよね。

 

 

カテゴリーで探してみてね

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

-トレード日誌

Copyright© 一杯のコーヒー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.