僕はファーストペンギンにはならないし、もっと言えば高値更新も別に期待しませんという話 FX

僕の為替のトレードのスタイルは明確に刻むように、自分の中に定義していまして、

 

それは、”スキャルピング気味になっても結構良いデイトレ”です。

 

で、こうなってくると、損切り幅が極小に、利益幅もそんなに大きくせずということで、安全運転しています。

 

狙えるタイミングも結構多いので、NY初動と欧州初動の何回かだけと決めて、ロット数を増幅させるやり方でやっています。

 

で、私がトレードのポジションを持つときには、いくつかの明確な条件というものを決めていまして、

 

その守るべき鉄則が、『僕はファーストペンギンにはならないし、もっと言えば高値更新も別に期待しません』ということなんです。

 

 

どういうことかと申しますと、こちらの一枚目の画像を見てください。

 

 

もう、この画像に全てが集約されてると言っても過言ではない。

 

まず、黒の足が長期足だとして、長期足がこんなにうまいこと押し目買い候補にきてることは少ないんだけど、

 

まあ、わかりやすく書くと高なる。

 

とにかく、長期足が明らかに転換しそうだとか、転換し始めてるとか、もう少し伸びるはずだとかいう根拠を幾つか見つける。

 

それを見つけたら、短期足を使って、ダウ理論が綺麗な状態になってるか確認したり、明確なチャートパターンが分かりやすく出てるか確認する。

 

そんで、画像のピンクの丸みたいにダブルボトムが出来てて、なおかつネックラインを超えてて、なおかつ、プルバックの安値もダブルボトムの安値を更新できないなら、

 

そこでロングすればいい。

 

ピンクの丸のような、ダブルボトムからのネックライン超えからの、ダブルボトムの安値を更新せずに反転(場合のよっては、超短期足のダウが綺麗に何個も高値安値切り上げてるをのちゃんと確認する)するのを待たずに、押し目買いだとか言ってロングすると、

 

黄色い水平線まで落ちて損切りになる。

 

さらにさらに、僕の場合は、安全運転極まりないやり方をやるので、灰色の線まできたら利益確定を準備する。

 

これは、明らかに上昇トレンドだとしても、前回の高値に対する戻り売り候補になるので、もしかしたらここで相場がひっくり返ることも結構有るという経験をしてるので、

 

よっぽどその日調子いいとか、明らかにいけそうだ見たいな感覚がなければ、短期足で逆張りが入ってきそうならすかさず利益確定する。

 

ぶっちゃけ、ロット数を増やしておけば、このくらいでも10pipsとかはとてるので、その日の儲けとしては別に問題ない。

 

ということで、今日の話は以上です。

 

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#FFB74D” color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″ radius=”” position=”” add_boxstyle=””]*めちゃくちゃ勉強になったプライスアクションと投資心理と投資哲学の本おすすめ[/st-minihukidashi]

 

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術 | オリバー・ベレス, グレッグ・カプラ, 林康史 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon

 

FX 5分足スキャルピング ──プライスアクションの基本と原則: Kindleストア

 

ゾーン 最終章──トレーダーで成功するためのマーク・ダグラスからの最後のアドバイス (ウィザードブックシリーズ) | マーク・ダグラス, ポーラ・T・ウエッブ |本 | 通販 | Amazon

 

相場心理学入門 | マーク・ダグラス, Mark Douglas, 世良 敬明 |本 | 通販 | Amazon

 

マンガーの投資術 | デビッド・クラーク, 石川 由美子, 林 康史 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon

rf
  • 日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

FXテクニカル

コメントする