FX テクニカル

FXのブレイクアウト手法について、投資家心理とテクニカルの心理から分かりやすく解説!

 

こんにちわ。

 

本日は、FXトレードブレイクアウト手法に関して紹介します。

 

FXトレード初心者の方は、参考になると思うので、よければ読んでみてください。

 

この記事を読むことで、

 

  • ブレイクアウトとは?
  • どういう局面でポジションを持つのか?
  • ブレイクアウトが起こるときの投資家の心理とはどんな感じなのか?

 

ということが分かるので役に立つと思います!

 

そもそもブレイクアウト手法とは何?

 

高値やレジサポを超えること

 

そもそもFXトレードにおける、ブレイクアウトとは、誰もが意識するような高値や安値や、レンジの下限上限をブレイクすることを言います。

 

誰もが見て分かる分かりやすいレジサポであればあるほどに、ブレイクアウトの勢いは強くなり、大きな利益を望む事ができます。

 

例えば、上昇トレンド時における、押し安値のサポートを、モミモミとビルドアップの末に、下へ抜けてしまった(ブレイクした)時などは、

 

 

ショートのブレイクアウトがめちゃくちゃ有効に聞きやすい局面ですよね。

 

 

上記のような画像では、例えば青い波が1h足だとして、極めて順調な上昇トレンドが継続してたわけですが、

 

赤いサポートの水平線のような、誰が見ても分かりやすい押し安値をビルドアップの末に下へ抜けてしまうと、

 

投資家の目線からすれば、押し安値が崩れたからショートだと売ってくる人と、

 

押し安値付近で押し目買いしてたロング勢が損切りするため、

 

ダブルの圧力がかかり、下へ下がっていく傾向がよくあります。

 

ブレイクアウトしたときの投資家心理とは?

 

レジサポラインへの投資家の意識

 

先ほどの押し安値をが崩れて赤い水平線を下へブレイクした場所に見られるように、

 

ブレイクアウトの手法で大切なのが、投資家の心理をよくみる事です。

 

投資家たちが、どこのレジサポを注目しているかがわかれば、自ずとブレイクアウトの手法は使えるようになるはずです。

 

レジスタンスやサポートのラインというのは、長期足になればなるほど効きやすく、反転箇所として注目されてるわけなので、

 

だからこそ、そのレジサポを貫いた値動きというのは、利益を狙いやすいわけです。

 

ブレイクアウトは、順張りと逆張り、どちらかの損切りを巻き込む

 

逆に言えば、もし自分が逆のポジションを持っていた場合は、自分がポジションを持つ根拠していたレジサポが、反対側へブレイクしてしまったら、

 

もう素直に損切りしないと大変なことになります、初心者の方は、含み損を確定させたくなくて、含み損を耐えてしまいがちですが、

 

そういうことをしてると、いずれメンタルがもたなくなって死んでしまいますので、問答無用で根拠が崩れたら損切りで大丈夫です。

 

例えば、先ほどの画像の例で言えば、上昇トレンドに順張りをしていたトレーダー達が、勝負に負けて損切りするわけなので、

 

赤い水平線を下へぬけると一気にプライスは落ちていくわけです。

 

この、勝てと売り手が両方同じ方向へ動くタイミングを、ボブ・ボルマンは『ダブルの圧力』と定義していますよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FX 5分足スキャルピング ──プライスアクションの基本と原則

 

ブレイクアウト手法の注意点とは?

 

だましの注意

 

ブレイクアウト手法でのよくある失敗例としては、

 

一度レジサポをブレイクしたものの、だましになって戻ってきてしまって損切りに遭うというものがあります。

 

このような事がなぜ起こるかと言うと、色々と原因はあるわけですが、

 

例えば時間帯が影響していたりする事があります。

 

FXのような為替の取引は、年がら年中、土日を除いて取引ができるわけですが、だとしても株式の市場などが開く前の夜中とかは、

 

どうしても値動きが少なくなってしまいます。

 

ですから、欧州とNYの市場が開く前の東京市場でブレイクアウトを狙おうとすると、一度ブレイクしたように見えたものの、

 

他のトレーダーが着いてこなくて、逆張り勢に負けてしまうことがよくあるのです。

 

また、その他の原因としては、

 

ローソク足の実態でブレイクが完了するまで待たずに入ってしまったりする事も原因の一つになります。

 

プライスアクションというのは、時間軸が短ければ短いほど、コロコロと方向感が変わってしまいますから、

 

せめて5分足が実態で抜けてから、ブレイクアウトした方向へ入っていけばいいかなって思っています。

 

全体の相場をよくみること

 

兎にも角にも、ブレイクアウトだと言っても、相場全体を俯瞰して見て取引しないと負けまくりますから、

 

相場全体の方向感や、自分が把握してるレジサポの強さとか、

 

自分が観測してる時間軸で、どのくらいの人々が、そのレジサポを意識しているかな?とか、

 

色々配慮してトレードしないといけないということは、

 

肝に銘じておいてください。

 

 

ブレイクアウトの様々な例

 

さて、では、先ほどの上昇トレンドにおける押し目サポートのブレイク以外にも、

 

色々とブレイクアウト手法はありますので、様々なパターンを一緒に見ていきましょう。

 

三角持ち合いをブレイク

 

三角持ち合いとは、チャートの値動きが、段々と縮小していく相場のパターンなのですが、

 

相場は常に拡張と、縮小を繰り返しておりまして、

 

一旦拡張すれば縮まっていくし、縮んでいけば最後にはまた拡張が始まります。

 

三角持ち合いをしている間は、エネルギーを再び溜め込んでいる期間ですから、

 

ここをブレイクした後の勢いは強いため、三角持ち合いのブレイクアウトは利益を望めます。

 

 

レンジの上限・下限をブレイク

 

レンジ取引では、レンジの下限か上限にプライスアクションが訪れると、

 

基本的には逆張りして利益をとっていくのが定石なのですが、

 

レンジもいつかはブレイクしますから、レンジの上限と下限で、プライスがブレイクしたら、

 

投資家は明らかなレンジブレイクだと見て取れるので、利益を取りやすく、逆張りの損切りも巻き込んで強く値が動くことが多いので、

 

利益を狙えます。

 

 

上昇トレンドのボックスレンジをブレイク

 

上昇トレンド最中に、一時的にビルドアップを作る事がありまして、

 

エネルギーを溜め込んでいて、どっちに動くかわからないレンジがあります。

 

こういう局面で、ボックスを作っておいて、そのボックスをどっちかにブレイクしてから入るというものです。

 

一番最初に紹介した上昇トレンド最中の押し目崩れとは、こちらの上昇トレンドのレジスタンスブレイクとは逆ってことになりますよね。

 

 

おすすめ関連記事

 

 

 

カテゴリーで探してみてね

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

-FX, テクニカル

Copyright© 一杯のコーヒー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.