FX テクニカル

FX ロングして負けたから、次はショートしてたんじゃ、初心者は負けまくるという話

初心者トレーダーの頃のトレード失敗パターンとして良く挙げられるのが、

 

シナリオを安易に変えるというものがございます。

 

長期足を見て環境認識して、短期足を見てポジションを持って、

 

そのシナリオが崩れた途端、損切りをするまではいいと思ってるんですけども、

 

シナリオが崩れたというだけで、完璧に逆方向への期待感を膨らませて、

 

無闇に逆ポジションを張って過度に期待してしまうというものです。

 

例えば、図を使って少し説明をしてみましょう。

 

 

例えば、これが1時間足だとして、上目線なので、押し目買いをしようとなるじゃないですか。

 

そうしますと、A~Dどこでロングで買おうが全部正解なんですよね。

 

Dを下に抜けたら、もうチャートの形変わっちゃうんで、そもそも上昇視点じゃなくなるのでロングできないけども、

 

色々左側のチャートとか、上位足は見る必要があるけれども、

 

基本的には、Dを下へ抜くまではロングで買い目線で良いわけです。

 

しかしながら、例えば、Bとかでロングして、短期足が逆行した場合、CとかDまでそのまま落ちていく可能性があることは否めない。

 

ですんで、仮にBで買ったとしても、Bをすぐ下へ抜いたら一旦損切りしておいて、またCとかで買えば良いわけです。

 

そんで、またCで買って、また落ちてもすぐ損切りすれば問題ありません、間違ってないのです。

 

それで、またDの近くで短期足が上昇目線に変わったりチャートパターン作ったら買えば良いわけです。

 

つまり、上昇トレンドの押し目買いというのは、どこから上がり始めるかは分からないけど、どこで上がり始めても良いように準備しておけば良いってことです。

 

そして、仮に何回か押し目候補が崩されても、焦らなくていいし、失敗でもないってことです。

 

そのまま上昇トレンドが続くのであれば、結局どこで入ろうが、最後は上がっていくわけなんで?

 

 

ちょこちょこ損切りするのは、単なる資金管理の話であって、別に負けでも失敗でもないと認識しておかないといけません。

 

でも、初心者トレーダーの頃は、小さな損切りでも大きな過失として捉えがちです。

 

例えば、BとかCでロングして、それでも落ちてしまって損切りしたりすると、いつの間にか目線がショート目線になって、

 

ショートを打ち込みまくってしまうことがよくあります。

 

でも、何回見ても結局、相場のチャートはまだ上目線なので、Cでロングして損切りになって、そこからショートして安値更新を狙っても、

 

結局Dまで落ちてから急反発してまた損切りになったりするのです。

 

ですんで、初心者トレーダーの頃は、順張りと逆張りをごちゃ混ぜにしてトレードしない方がいいと思うんです。

 

狙ってる値動きは一つだけに絞るべきです。

 

さもなければ、上位足のレジサポを安易に見落として、負けまくります。

 

順張りなら、その相場で狙える値幅が最初から決まってますし、逆張りならば、それ相応の値幅しか取れないんです。

 

上昇トレンドという環境認識はできているはずなので、少し心がブラされるだけで、「あれ?これ下へ落ちていくんじゃないの?」と、

 

急にバイアスが完璧に変わってしまいます。

 

そういうところが、相場の怖いところなんで、自分の軸をブラさないためにも、

 

慣れてくるまでは、上昇トレンドの押し目買いのみ狙っているんだということで、我慢するのが大切です。

 

何回も言いますけども、ロングして損切りになっても、資金管理を考慮した上でのロスカットなら問題ありません。

 

押し目候補1でのロングが失敗したら、押し目買い候補2まで待ってください。

 

押し目買い候補2までショートで逆張りするのは、上級者になってからで良いと思います。

 

少しの心の歪みで、反転箇所のレジサポに差し掛かっているのに無意味にホールドして期待しちゃったりするので。

 

以上になります。

カテゴリーで探してみてね

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

-FX, テクニカル

Copyright© 一杯のコーヒー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.