FX テクニカル

初心者はレンジブレイクを狙うと美味しい、レンジが出来る前にレンジに気が付くのが大事

 

上記のツイートはちょっと前のドル円の相場ですが、今日は少しこのチャートを見て、

 

レンジ相場に関しての考察をしてみたいと思います。

 

レンジ相場とは何か

 

レンジ相場というのは、ダウの目線の、秩序が崩れている状態のことを言います。

 

私は個人的に、この秩序という言葉ほど、ダウの目線をしっかり捉えるのに最適な言葉ってないかなって思っているんです。

 

ダウの目線っていうのは、上昇トレンドならば高値と安値の切り上げですし、下降トレンドならば高値と安値の切り下げのことです。

 

そして、私自身、短期売買ではオーソドックスな押し目買い戻り売りしかやってないわけで、

 

大抵、嗚呼トレードもう出来なくなりそうだなと思う局面は、ダウの秩序が崩れて、

 

嗚呼レンジになりそうだなと思える局面なわけです。

 

 

そもそも、例えば上記のチャート(レンジになってるくらいの時)見たときに僕がまず思うことは、

 

赤色みたいな急上昇の後は、とりあえず赤色の矢印の上昇波動に対して、白いプルバック波動みたいに、

 

せめて半値くらいまで落ちてから、また買いたいよなと思うんで、とりあえずショートを準備するわけですけれども、

 

もしかしたら緑の矢印みたいに、押しが浅い場所から、ブル勢の勢いが強くてさらに上に行ってしまうかもしれないので、

 

ここら辺のプライスアクションを見て、ダブルトップなり作ってから売りたいなと思うわけです。

 

でも結局どうなったかと申しますと、

 

まず緑色の丸では売れます。ダブルトップ作って上がるのが止まったのを確認してるので。

 

でも、次のプライスアクションでは、赤い丸の安値を下へ抜けませんでした。

 

これが、僕が考えるダウの秩序が崩れた瞬間です。

 

もしこれが、多少なりとも赤い丸を下へ抜けているのであれば、赤の丸の少し下くらいで利益確定して、

 

また上がってきたところで、また売れますけれども、

 

緑の丸から始まった下降波動の緑矢印は、赤の丸を下へ抜けなかったので、

 

高値も切り上げないし、安値も切り上げない、つまりダウの目線の秩序が崩れた瞬間なので、

 

ああレンジの入り口だなと見て分かります。

 

まあ、今回の例のプライスアクションは、急上昇の波動を目安にしてるので少し分かりにくいですけれども、

 

上位足の水平線とかを起点にするならば、もっとレンジを見分けるのは簡単です。

 

四時間足レベルの水平線が明確なら、大抵その前後でレンジになって、そのレンジブレイクを狙えます。

 

つまり、レンジになりそうになったら、レンジは難しいので、レンジをブレイクしてから入った方が簡単ですよと言いたいわけですね。

 

レンジブレイク手法とは

 

じゃあ、レンジブレイクを狙うとは何かということに関しても考察していきましょう。

 

レンジの入り口を、レンジに突入する前に気が付くことが出来れば、無意味に自滅することはかなり減ると思うんですけども、

 

レンジの中でトレードすると、十中八九、うまく逆張りできる人以外は捕まりますよね。

 

それで、そういう人が沢山いて、ポジションがあつまりますよね。

 

だから、エネルギーがたまっている場所なわけで、そして、そのレンジを外から見てる人もそれを知ってるわけで、

 

だから、どっちかに抜けたら、損切りと新規注文が同じ方向へ偏るので、大きく動くので、チャンスということです。

 

レンジは、後から見れば、誰が見てもレンジだと分かるんで、相場の認識が一致しやすいです。

 

相場全体の意見が一致して、強者も弱者も一緒の方向へ動くときが、一番おいしいので、レンジはチャンスが狙いやすいわけです。

 

今回のドル円の相場で解説すると、レンジブレイクを狙える値動きは二つくらいあります。

 

 

まず、一番左の赤い丸です。

 

これは、少し左に見えるレンジの始まりにもなってダブルボトムの安値を抜けてるので、

 

それを確認して、プルバックの上昇波動が止まったところで売れます。

 

でも、このショートの気を付けなきゃいけないことは、まだレンジブレイクの一番最初の一発名の波動なので、

 

だれもついてこないで、逆張り派に負けて、小さいダブルボトムを作ってまた上へ急上昇する可能性もあるということを考えないといけない。

 

そういうのを注意して値動きを見てショートなら出来るかなって思っています。

 

二つ目は、赤い四角のボックスですね、これも小さなレンジですけども、ここが一番おいしいショートのポイントだと思います。

 

赤いまるから始まったレンジブレイクは、ちゃんと安値を抜けて、下目線になっています。

 

それで、下へのレンジブレイクの一派目のプルバックが、ちょうど赤いボックスの小さなレンジです。

 

この小さなレンジで、ひとつ大きなダブルトップも確認できますよね。

 

それでレズスタンスになってるので、ここからのショートが一番おいしいレンジブレイクです。

 

で、もしここで入れなければ、白いまるで入るのもあるかと思います。

 

ここで入れば、損切りの幅も小さく済みますし、乗り遅れず大きなチャンスを狙えます。

 

さすがにここを逃すと、ここからは普通に下降トレンドの始まりかなと思うので、

 

戻り売り準備で、下降トレンドの秩序に従って、またちゃんと戻ってきたら売ればいいかなと思います。

 

 

カテゴリーで探してみてね




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

rf

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

-FX, テクニカル