FX テクニカル

FX 斜めの平行チャネルは誰が意識するか分からないが、横の水平線は世界中が意識する。

私はこれまで、色々なトレード手法を試してきたわけですが、

 

結局色々あるけど、長期足で見た環境認識と、水平線とダウ理論だけあれば十分だなって思っています。

 

それで勝負のやり方は、一番オーソドックスな押し目買いと戻り売りだけです。

 

逆に、もうこれ以上、色々な手法は無闇に手を出す必要もないって思っています。

 

特にビギナーの方は、少しくらい勝てるからって他のやり方を試すと痛い目に遭います。

 

例えば、有名な手法って色々ありますけど、三尊とか、三角持ち合いとか、移動平均線とか...etc

 

それぞれの方法で勝つ方法はあると思うんだけど、でも勘違いするべきじゃないのは、

 

押し目買いで勝てたとしても、三尊で勝てるという意味にはなりませんよって思っています。

 

トレードは買うか売るかしかないけど、押し目買いが野球なら、三尊はサッカーみたいなもので、

 

もはや別の競技と言っても過言ではない、これは、別に言い過ぎだとも思っていません。

 

トレードっていうのは、皆んな同じ土俵で、違うスポーツをやってるみたいなもので、勝つか負けるかは結果は二択しかないが、

 

それぞれ無限のやり方で、広大なフィールドで孤高の戦いをやっているわけです。

 

いくらテニスの錦織圭でも、いくら野球の大谷翔平でも、「俺、野球のプロだから、明日はメッシと一緒にサッカーやります」とか無理じゃないですか。

 

そういうのと似ています。

 

押し目買い戻り売りで勝てるのと、移動平均線や逆張りで勝てるのとでは全く別物で、

 

一個一個の手法に対して、熟練した別のスキルはあると思う。

 

トレードは、教科書に載っているやり方を理解するのは簡単だし、実際には教科書に載ってるやり方と大差ないやり方してると思うけど、

 

でも、リスク管理や、環境認識や、微妙に、しかし確実に見え方が違う相場で、ファンダメンタルズの影響も考えながら勝ち続けるには、

 

論理を超えた皮膚感覚で、技術を体得しないといけないので、大切なところは自分で掴むしかありません。

 

では、そろそろ前置きをこのくらいにして、今日の本題に入りたいと思いますけれども、

 

今日のタイトルは、

 

斜めの平行チャネルは誰が意識するか分からないが、横の水平線は世界中が意識する

 

でございます。

 

少し以下のチャートを見て欲しいのですが、これは丁度今さっきのドル円のチャートです。

 

 

 

こういうところで、やられた人絶対いるだろうなと思いつつも、

 

大切なのはここではなく、斜めの平行チャネルと、黄色い水平線に注目してください。

 

並行チャネルの下限上限で売る人、買う人

 

このチャートを見て、僕はこの日、ピンクの丸で買って、水色の丸で売ったんですけども、

 

 

多分、世の中の人で、水色の斜めの水平チャネルを見てた人もいるかもしれない。

 

そういう人は、多分、ピンクの丸で僕が買ったのとは反対に、売ってると思うわけですね。

 

それで、僕自身も、この水色の水平線は観測できてたんで、一応、水色の丸のブレイクがダマシになると思って、

 

もう一回、ここで大きく売られるかもなと思って、水色の丸の少し左の、赤い陰線で利益確定しておいたわけです。

 

まあ、結果的には、その後20pipsくらい上に伸びちゃったので、結果的に、斜めの水色の並行チャネル見てた人の損切りや、

 

これまでダウの目線が下降トレンドだったのですが、そこまでに売ってた人の利益確定も入って伸びたんだと思います。

 

僕の優先順位は、いつの時代も、必ず水平線

 

では、なぜ僕が、ピンクの丸のところで買ったのかを解説していきます。

 

今も言ったように、水色の並行チャネルは見えてて、水色の並行チャネルの上限に達してるので、

 

売られて下降トレンドが継続する可能性のあったわけですが、

 

僕は、どんなチャートパターンや合図よりも、水平線を重要視して、それに呼応しているダウ理論を信頼しています。

 

 

まず、下の黄色い水平線を見てください。1時間レベルで、サポートされてるのが分かりますね。

 

つまり、下げ止まっているということです。

 

僕は単純に、水色の並行チャネルよりも、こういう水平線で反応している、上げ止まり、下げ止まりを信頼するのです。

 

何故かと言いますと、斜め線は、その時間軸を見てる人しか観測しないかもしれないし、少し時間軸を上にあげると、形が崩れたり、

 

そもそも並行チャネルが見えなくなったりして、あんまり多くの人が信頼して観測するか分からないから、僕もあまり信頼しないのです。

 

トレードは常に、多数派についていくのが大事で、別の言い方をすれば、強者についていくのが大事なので、みんなが当たり前に観測できることが正義なのです。

 

みんなと同じことを考えた人が、トレードは勝てるのです。

 

それで、みんなが共通して意識できるテクニカルのチャートこそ、水平線であり、その水平線で反応してるプライスが、

 

長期足であればあるほどに、その信頼度は強まり、強い水平線の前後では、決まって売り買いの攻防が発生してレンジとかになったりして、

 

それで、そのレンジの足場を使って、また強者達は、買った方向にレンジの足場を使ってついて行くので、勝てるわけです。

 

話を戻しますが、それで、ちょうどピンクの丸の部分は、サポート付近で発生してる下げ止まりのレンジを上にブレイクしているので、

 

上昇トレンドに変わったというふうに僕は解釈しているわけです、少なくともこの局面では、上昇トレンドだと僕は観測します。

 

 

水色の波でレンジになっていますね、高値と安値が切り上がってもいないし、切り下がってもいないのでレンジです。

 

それで、そのレンジを上へブレイクした水色の波のところに、黒い水平線を引きました。

 

この黒い水平線を上に抜けてるんで、上昇トレンドです。

 

それで、こうなったら、おそらく、少なくとも次のレジスタンスまでは上を目指して高値を更新していくだろうと判断するわけです。

 

で、次のレジスタンスっていうのは、上位足のレジスタンスの水平線とか、さっきも言った、水色の並行チャネルの上限とかで、

 

もしかしたら跳ね返される可能性もあると。

 

こういうふうに値動きを見ていけば、損切りラインも、

 

ピンクの丸のところのすぐ下に、押し安値がありますね、この下に損切りが置いてあれば、

 

そんなに大きな負けでもないし、ちゃんと正しく負けたってことになります。

 

それで、最終的にこのプライスは、水色の並行チャネルは上へぶち抜いて、次のレジスタンスである、

 

黄色い水平線まで届いて、一回利益確定とかで落ちたっていうふうに解釈できますね。

 

以上です!

カテゴリーで探してみてね




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

rf

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

-FX, テクニカル

Copyright© 一杯のコーヒー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.