投資用語

初心者向け | 相対取引(あいたいとりひき)ってなに?

 

相対取引とは、取引所などの市場を介さずに、売り手と買い手が売買する株式の価格と数量を確定する取引のことです。

 

例えば、株の取引では、市場を介して取引を行うと株価が大きく変動する可能性があるが、相対取引では、双方があらかじめ価格を設定しているため、価格変動のリスクがない。

 

これを「あいたいとりひき」と呼びます。

 

ちなみに相対取引は、株式以外にも、一部の債券や外国為替証拠金取引などでも行われています。

カテゴリーで探してみてね




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

rf

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

-投資用語

Copyright© 一杯のコーヒー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.