ビッドコイン

初心者のためのビットコインガイド:ビットコインとその仕組みについて知っておくべきこと

ビットコインが話題にならない週はありません。

しかし、あなたがトレーダーであったり、暗号通貨に興味があったりしない限り、ビットコインとは何かということは、おそらく頭の中を通り過ぎてしまっているでしょう。

では、なぜビットコインがこれほどまでにニュースになるのか、そしてなぜ関心を持つべきなのでしょうか。

多くの人が金融の未来と考えているビットコインは、あなたのポケットの中のお金に悪影響を及ぼす可能性があります。

後者にどれほどの影響を与えるかは議論の余地がありますが、ひとつ確かなことがあります。

価値の上下が激しいにもかかわらず、ビットコインは私たちの生活に長期的に定着しています。

 

では、ビットコインはどのような仕組みになっているのでしょうか。

ビットコインは常に物理的なコインとして描かれていますが、実際には、銀行や政府に縛られず、ユーザーが匿名でお金を使うことができる仮想通貨(暗号通貨)です。

ビットコインは、ブロックチェーン技術を用いた他のユーザーの取引を検証するためにコンピューティングパワーを貸与することで、ユーザーがコインを「採掘」して作成します。

ユーザーはコインを採掘し、その対価としてビットコインを受け取ります。

また、ビットコインは、米ドルやその他の法定通貨(私たちが日々銀行口座で使用している物理的なお金)との取引所で売買することもできます。

一部の企業はビットコインを支払いに利用しており、多くの金融機関は顧客のポートフォリオにビットコインを組み込むことを許可していますが、全体的な主流の受け入れはまだ限られています。

 

暗号通貨の使い方

ビットコインは基本的に、所有者から所有者へと移動するたびにデジタル署名されるコンピュータコードのラインです。

取引は匿名で行うことができ、トークンは国境を越えて簡単に移動できるため、自由主義者だけでなく、技術愛好家や投機家、そして時には犯罪者にも人気のある通貨です。

ビットコインは、Coinbaseなどの取引所を通じてオンラインで、または専用ソフトウェアを使用してオフラインでハードドライブに保存するなど、デジタルウォレットに保管する必要があります。

暗号取引所のCoinbaseによると、流通しているビットコインは約1,870万枚で、今後は2,100万枚までしか存在しないだろうと言われています。

その理由は不明で、すべてのビットコインがどこにあるかは誰にも分かりません。

 

ビットコインはどのようにして生まれたのでしょうか?

謎ですね。

ビットコインは、2009年にサトシ・ナカモトという名前で活動している個人またはグループによって開始されました。

その後、ビットコインは少数の熱狂的なファンによって採用されました。

ビットコインが広く注目されるようになると、ナカモトは姿を消しました。

しかし、ビットコインの支持者たちは、それは問題ではないと言います。

通貨は内部の論理に従っているのだから。

そして、1兆ドル近い金額が暗号通貨市場から消えてしまいました。何が起こったのでしょう?

 

誰がビットコインを使っているのか?

誰でも、暗号通貨取引所のプラットフォームやアプリを通じて、ビットコインを利用したり、売買したりすることができます。

しかし、何万ユーロものお金を持っていない限り、ビットコインのトークンを1つ買うことはできないでしょう。

しかし、株を買うことはできます。

ビットコインには、暗号の創始者にちなんで「サトシ」と呼ばれる少額紙幣があります。

1Satoshiは0.00000001ビットコインの価値があります。

デジタル決済会社のSquareとそのCEOであるジャック・ドーシー(TwitterのCEOでもある)は、ビットコインの大きな支持者です。

Overstock.comでもビットコインを取り扱っており、2月には米国最古の銀行であるBNY Mellonが、顧客に提供するサービスにデジタル通貨を含めると発表しました。

また、Mastercard社は、同社のネットワーク上で「一部の暗号通貨」のサポートを開始すると発表しました。

ビットコインのウォレットサイトBlockchain.infoによると、ビットコインは、平均的な1日に30万件以上の取引が行われるほど人気があります。

しかし、現金やクレジットカードに比べると、その人気は低いものです。

 

暗号通貨での支払い:これらは、支払いに暗号通貨を受け入れる主要な企業です。

 

なぜもっと広く使われないのか?

非中央集権的で規制されていないことから、ビットコインには懐疑的な見方があります。

ビットコインの価格を追跡することは、その価値を把握することよりも明らかに簡単です。

そのため、多くの機関、専門家、トレーダーが、一般的な暗号について疑念を抱いています。

デジタル通貨は紙幣の代わりになると考えられていましたが、今のところそれは実現していません。

銀行や金融サービス会社の中には、この分野に参入しているところもありますが、そうではないところもあります。

また、イーロン・マスクのような人物がツイッターを使って暗号通貨の価値に影響を与えるなど、暗号通貨市場は極端な変動を受けやすい状況にあります。

マスク氏は2月、自身が経営する電気自動車会社テスラが15億ドル(約1,600億円)をビットコインに投資したことを発表しました。

3月には、テスラ社がビットコインでの支払いを開始しました。

これらの行動は、ビットコインの価格上昇に貢献し、マスクはデジタル通貨Dogecoinも推進し、こちらも価値が急上昇しました。

しかし、マスク氏はわずかな期間で方針を転換し、先週、ビットコインの採掘によって環境破壊が起こる可能性があるため、テスラはビットコインの受け入れを中止すると述べました。

この発表により、ビットコインは5万ドル(540万円)を下回り、最近のほとんどの暗号通貨の大きな引き下げのきっかけとなりました。

ビットコインのファンの中には、マスク氏の理由に反発する人も少なくありませんでした。

同じく億万長者のマーク・キューバンは、金の採掘の方がビットコインの採掘よりもはるかに環境にダメージを与えると述べました。

中国のビットコイン採掘ラッシュの規模は、カーボンゼロ(温室効果ガス排出ゼロ)の目標を損なう可能性があります。

 

ビットコインは環境にダメージを与えるのか?

ミュンヘン工科大学とマサチューセッツ工科大学による2019年の研究では、ビットコインネットワークが発生させるCO2の量は、欧米の大都市やスリランカのような発展途上国全体に匹敵することがわかりました。

しかし、ケンブリッジ大学の昨年の研究では、「プルーフ・オブ・ワーク」と呼ばれる暗号の採掘のうち、平均で39%が水力エネルギーを中心とした再生可能エネルギーでまかなわれていると推定されています。

マイニングのプロセスでは、必要なスーパーコンピューターを動かすために大量のエネルギーを必要とするため、新しいトークンを作ることは時間的にも金銭的にも大きな投資となります。

そのため、安価な電力へのアクセスに応じて、マイニングの集中度は世界各地で異なります。

現在、ビットコインのマイニングの大半が行われている中国では、石炭火力発電所で作られた電気に頼ることが多いのです。

このように、世界各国が温室効果ガスの排出を抑制する動きを見せている中、通貨の長期的な存続に疑問が投げかけられています。

 

 

カテゴリーで探してみてね




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

rf

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

-ビッドコイン