FX テクニカル

押し目買いの成功確率は、次のレジサポまでの距離で変わるという話(重要なレジサポを抜けてから入ること、重要なレジサポの周辺はサポートも効かずレンジになって意味わからない動きします)

 

本日のトレードを振り返りながら、押し目買いの成功確率に関して語っていきたいと思います。

 

巷でよく言われてることとして、エリオット波動というものがあるんですが、

 

 

簡単に言うと、上昇トレンドというのは誤解波打ったら終わることが多いという、

 

投資家の心理をパターン化したものです。

 

しかしながら、単純にこのルールだけ覚えてトレードしてても勝てるわけがないと思うわけです。

 

何故ならばトレンドの波動というのは、第一時間軸によって大きく変わるし、

 

さらに言えばレジサポに阻まれると途端に秩序を失うからです!

 

例えば、これは私の今日のトレードログです。

 

 

このツイートで私は、「10pipsくらい狙ってロング」と言ってるわけですが、

 

なんでこういうシナリオを立てたのかと申しますと、

 

長時間足で見て、ツイートの画像の赤い水平線(白くまるで囲ってる部分)というのは、

 

どう見てもレジスタンスになりそうな場所だからです。

 

私は今日のトレードでは赤い丸のところで利益確定したわけですけども、

 

水色の細長いまるで囲っている部分は、レジスタンスになりそうって分かりますよね。

 

 

結果として、上記の画像の水色の細長い丸のところのレジスタンスは、

 

下記の画像の、緑色の水平線で跳ね返りは止まりましたけども、こういう強そうなレジスタンスは、

 

下記の画像の黒い水平線まで落ちる確率も結果こうあります。

 

 

だから、こういう局面では、ちゃんとレジスタンスを超えてからじゃないと、

 

正しい秩序で値動きが進んでいかないことが多いわけです。

 

無論、こんな強度の強いレジスタンスを目前にして、押し目買いだとか言ってプルバック半値でロングしても、

 

誰もついてこないので上がらないで落ちてしまうでしょう。

 

例えば顕著な例では下記の画像の黒い矢印みたいな感じです。

 

 

一見、緑色のサポートで止まってるように見えても、

 

上に強度の強いレジスタンスがあると、止まってもまた落ちてサポートを下へ砕いてしまうことがよくあります。

 

結局今回のチャートでは、緑のサポートは、1分足レベルでブレイクされたものの、すぐ戻ってきましたけども、

 

短期売買では、こういう値動きは損切りになるんで、嫌なんですよね。

 

例えば、上記の画像で、上に強度の強いレジサポがなければ、緑のサポートで止まって、秩序を持って上がってく確率が高いわけですが、

 

まあ、強度の強いレジスタンスの跳ね返す力があるんですよね。

 

つまり、こういう局面では、誰でも上手にトレードできないので、やめた方がいいですよと言いたいわけです。

 

私が一番最初に、豪ドル円ロング狙ってますとツイートした時の相場では、

 

まだ一度もレジスタンスに挑戦してなかったわけなので、次のレジスタンスまではいけるという風に思ってツイートしました。

 

 

これは前のYouTube動画でも、話したことですね、次のレジサポまでなら行くことが分かるという話です。

 

 

それで、レジサポをちゃんと抜けたら、

 

また入れば、正しい秩序の中で安心できるので、そういう風にした方がいいです。

 

カテゴリーで探してみてね




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

rf

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

-FX, テクニカル

Copyright© 一杯のコーヒー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.