長期足レベルのチャートパターンでサポートが守られてても、しっかりフィボナッチのプルバックを待たないと死ぬという話

突然ですが、皆様は下記のようなチャートがあった場合、買いますか?

 

これは4時間足ですが、私は初心者トレーダーの頃、よくこういう相場で買って負けまくりました。

 

これ、何かって言うと、黄色い波が示すように、4時間足レベルでダブルボトムを作って、さらにダブルボトムのネックラインも超えてるから、

 

このままグングン伸びると思ってしまうんで、赤い丸のところで買ってしまうわけです。

 

 

でもこれ、普通によくみてみると、

 

フィボナッチの、まだ半値にも来てないんですよね、断言しますが、チャートパターンよりも長期足のフィボナッチがが優先!

 

です。

 

大抵の相場では、最終的には白い矢印のように上に上がっていくわけですが、でも、どこから上がるか分からないから怖い。

 

 

それで、上記の赤いまるでロングすると、下手したらグングン下がって凄く大きな含み損を抱える。

 

それで、最終的には上がっていくにしても、相場に絶対はないから、もしかしたダブルボトムのサポートを抜けたら、恐ろしい損失確定になる。

 

そういうリスクがあるんで、仮にダブルボトムを作っても、チャートパターンよりはフィボナッチを僕は優先してます。

 

なぜなら、フィボナッチの半値以上というのは、ちゃんと売られてるということの証拠なので、仮に逆行しても損切りにならない確率が大きいからです。

 

それで、大抵、こういうチャートパターン作って出来てる上昇の波動というのは、

 

1時間足レベルくらい、エリオット波動とか作って上昇が終わった後に、次は一段下の安値を目指して下降が始まります。

 

 

ということで今日は以上です。

 

長期足レベルで、チャートパターンができても、必ず優先順位はフィボナッチ、それは何故ならば、フィボナッチをトレードの最終指標にすれば、しっかり売られてから買えるということが強制できるため、最後の最後に変なバイアスで買わなくて済むからです。

rf
  • 日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

FXテクニカル

コメントする