まずまずの企業をすばらしい価格で買うよりも、すばらしい企業をまずまずの価格で買うことのほうがはるかによい | ウォーレンバフェット名言

ウォーレン・バフェットが大きな成功を収めたのは、

 

一つ一つの失敗から学び、その教訓を貫くことができたからです。

 

しかし、意外にも最大の失敗は、バークシャー・ハサウェイ社の支配権を取得したことです。

 

当時、繊維会社だったバークシャー・ハサウェイは倒産寸前だったが、株式は会社の価値に比べて極めて割安と判断したバフェットは、

 

1965年、バフェットは、お金を吸い取るような利益が待っていると考えて、ハサウェイ社の支配権を購入した。

 

しかし、実際には何も残っていなかった。 それどころか、問題が発生して、そのたびに時間とお金がかかってしまった。

 

バフェット氏は会社の再建に尽力したが、最終的には1985年に繊維部門の閉鎖を余儀なくされ、400人の従業員を解雇し、すべての機械設備を16万ドル以上で売却した。

 

この経験からバフェットは、苦しい事業を立て直すことの難しさと、ブランド力のある優良企業を選ぶことの重要性を学んだ。

 

彼が言うように、「まずまずの企業をすばらしい価格で買うよりも、すばらしい企業をまずまずの価格で買うことのほうが、はるかによいのです」

rf
  • 日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

マネーリテラシー

コメントする