ウォーレン・バフェットの投資戦略

フォーブスの億万長者ランキングで常に上位にランクインしている世界有数の富豪、ウォーレン・バフェットを知らない人はいないでしょう。

彼の純資産は、2020年10月時点で800億ドルとされています。

しかし、彼は世界で最も成功した投資家の一人であることが最もよく知られています。

だからこそ、ウォーレン・バフェットの投資戦略が神話的な規模に達していることは驚くべきことではありません。

バフェットは、いくつかの重要な信条と、世界中で広く支持されている投資哲学を持っています。

 

では、彼の成功の秘訣はどこにあるのでしょうか?

ここでは、バフェットの投資戦略と、彼がどのようにしてこれほどまでの富を築き上げたのかをご紹介します。

 

鍵となる考え方

  • バフェットは、ベンジャミン・グレアム流のバリュー投資を実践しています。バリュー投資とは、本質的な価値に基づいて価格が不当に低い証券を探すというものです。
  • バフェットは、株式市場の複雑な需要と供給を重視するのではなく、企業全体を見ています。
  • バフェット氏が考慮する要素としては、企業の業績、負債、利益率などが挙げられる。
  • バフェットのようなバリュー投資家は、企業が上場しているかどうか、コモディティへの依存度、価格の安さなども考慮します。

 

バフェットの略歴

バフェットは1930年にオマハ(ネブラスカ州)で生まれました。

彼は幼い頃からビジネスの世界に興味を持ち、株式市場をはじめとする投資に関心を持っていました。

ペンシルバニア大学ウォートンスクールで教育を受けた後、ネブラスカ大学に戻り、経営学の学士号を取得。

その後、コロンビア大学ビジネススクールで経済学の修士号を取得しました。

バフェットは、1950年代初頭に投資販売員としてキャリアをスタートさせましたが、1956年にバフェット・アソシエイツを設立しました。

その後、10年も経たないうちに、1965年にはバークシャー・ハサウェイ社の経営権を獲得しました。

2006年6月、バフェットは全財産を慈善事業に寄付する計画を発表し、2010年にはビル・ゲイツと共同で、他の富裕層にも慈善活動を奨励するための「ギビング・プレッジ」キャンペーンを立ち上げたことを発表しました。

 

2012年、バフェット氏は前立腺がんと診断されたことを発表しました。その後、治療を終えました。

最近では、ジェフ・ベゾス、ジェイミー・ダイモンと共同で、従業員の健康管理に特化した新しいヘルスケア企業の開発に着手しました。

3人は、ブリガム&ウィメンズ大学の医師であるアトゥル・ガワンデを最高経営責任者(CEO)に任命しました。

 

バフェットの哲学

バフェットは、ベンジャミン・グレアム流のバリュー投資を実践しています。

バリュー投資家は、本質的な価値に基づいて、不当に低い価格の証券を探します。

本質的な価値を判断するための普遍的な方法はありませんが、企業のファンダメンタルズを分析することで見積もられることがほとんどです。

バリュー投資家は、バーゲンハンターのように、市場で過小評価されていると思われる銘柄や、価値があるにもかかわらず他の多くの買い手に認められていない銘柄を探します。

バフェットはこのバリュー投資のアプローチをさらに進化させました。

多くのバリュー投資家は、効率的市場仮説(EMH)を支持していません。

効率的市場仮説(EMH)とは、株式は常に適正価格で取引されており、投資家は割安な株を買ったり、高値で売ったりすることができないという理論です。

しかし、バフェット氏は、一時的に割安になった優良株がいずれ市場で好まれるようになると信じています。

 

バフェットのような投資家は、一時的に過小評価されていた優良株がいずれ市場で好まれるようになると信じています。

しかし、バフェットは、株式市場の需給関係には関心がなく、むしろ、株式市場の動きには関心がありません。

それは、ベンジャミン・グレアムの名言を引用していることにも表れています。

「短期的には市場は投票マシンだが、長期的には計量マシンである」と。

 

彼は企業を全体的に見ているので、企業としての総合的な可能性だけを考えて銘柄を選んでいます。

バフェットはこれらの銘柄を長期的に保有することで、キャピタルゲインを求めるのではなく、利益を生み出す能力が極めて高い優良企業を所有することを目指しています。

バフェットはある企業に投資するとき、市場がその企業の価値を認めるかどうかには関心がありません。

その企業がビジネスとしてどれだけ収益を上げられるかを重視しています。

 

バフェットの方法論

ウォーレン・バフェットは、銘柄の優秀さと価格の関係を評価する際に、いくつかの質問を自分に投げかけることで、低価格の価値を見出しています。

これらの質問は、彼が分析している唯一のものではなく、彼の投資手法で見ているものを簡単にまとめたものであることを覚えておきましょう。

 

1.会社の業績

株主資本利益率(ROE)は、株主の投資利益率と呼ばれることもあります。

これは、株主が株式から利益を得る割合を明らかにするものです。

バフェットは、ある企業が同業他社と比較して一貫して優れた業績を上げているかどうかを確認するために、常にROEに注目しています。

ROEは次のように計算されます。

 

ROE=当期純利益÷株主資本

 

ROEは、直近1年間だけでは十分ではありません。

投資家は過去5年から10年のROEを見て、過去のパフォーマンスを分析する必要があります。

 

2.会社の負債

D/E(デット・エクイティ・レシオ)もバフェットが慎重に検討する重要な特性の一つです。

バフェットは、借金ではなく株主資本から利益を生み出すために、負債が少ないことを好みます。

 

D/Eレシオは、以下のように計算されます

D/Eレシオ = 負債総額 ÷ 株主資本

 

この比率は、会社が資産を調達するために使用している資本と負債の割合を示しており、この比率が高いほど、資本ではなく負債が多く調達されていることになります。

自己資本に比べて負債が多いと、収益が不安定になったり、多額の支払利息が発生したりします。

投資家は、より厳格なテストを行うために、上記の計算において、総負債の代わりに長期負債のみを使用することがあります。

 

3.利益率

企業の収益性は、利益率の高さだけでなく、その利益率を継続的に向上させることができるかどうかにかかっています。

この利益率は、純利益を売上高で割って算出されます。

過去の利益率を知るには、最低でも5年前を振り返る必要があります。

利益率が高いということは、その企業がビジネスをうまく遂行していることを意味しますが、利益率が上昇しているということは、経営陣が極めて効率的に経費をコントロールしていることを意味します。

 

 4.その会社は上場しているか?

そのため、過去10年間に新規株式公開(IPO)を行ったテクノロジー企業のほとんどは、バフェットのレーダーには載りません。

バフェットは、今日の多くのテクノロジー企業の背後にある仕組みを理解しておらず、自分が完全に理解しているビジネスにしか投資しないと語っています。

バリュー投資では、時の試練に耐え、現在は過小評価されている企業を見極める必要があります。

過去の業績の価値を過小評価してはいけません。

これは、その企業が株主価値を高める能力があるかないかを示すものです。

ただし、過去の業績が将来の業績を保証するものではないことに留意してください。

バリュー投資家の仕事は、その企業が過去に行ったようなパフォーマンスをどれだけ発揮できるかを判断することです。

この判断は、本来、難しいものです。

しかし、バフェット氏はそれが非常に上手いのです。

公開企業の重要なポイントは、SEC(米国証券取引委員会)が定期的に財務諸表を提出することを義務付けていることです。

これらの書類は、現在および過去の業績を含む重要な企業データを分析し、重要な投資判断を下すのに役立ちます。

 

5.コモディティへの依存度

この質問は、企業を絞り込むための過激なアプローチだと思われるかもしれません。

しかし、バフェットはこの質問を重要視しています。

バフェットは、製品が競合他社と区別できない企業や、石油やガスなどのコモディティにのみ依存している企業を敬遠する傾向があります(ただし、常にではありません)。

同業他社との違いがない場合、バフェットはその会社の特徴をほとんど見ていません。

バフェットは、他社に真似のできない特徴を「経済的堀」(競争優位性)と呼んでいます。

堀が広ければ広いほど、競合他社が市場シェアを獲得するのは難しくなります。

 

6.安いか?

これが重要なポイントです。

他の5つの条件を満たす企業を見つけることは重要だが、その企業が割安であるかどうかを判断することは、バリュー投資の最も難しい部分であります。

そして、バフェットの最も重要なスキルでもあります。

そのためには、収益、収入、資産などのファンダメンタルズを分析して、企業の本質的な価値を見極める必要があります。

そして、企業の本源的価値は、通常、企業を解体して今日売却した場合の価値である清算価値よりも高いのです(そして複雑であります)。

清算価値には、財務諸表に直接記載されないブランド名の価値などの無形資産は含まれていません。

 

バフェットは、会社全体の本質的な価値を決定した後、それを現在の時価総額、つまり現在の価値の総額や価格と比較します。

しかし、バフェットが成功するかどうかは、この本質的な価値を正確に見極めることができるかどうかにかかっています。

バフェットの判断基準をいくつか紹介しますが、どのようにしてこのような緻密な価値判断ができるようになったのかは知る由もありません。

 

 

最後に

お気づきのように、バフェットの投資スタイルは、バーゲンハンターの買い物スタイルに似ています。

バフェットの投資スタイルは、バーゲンハンターの買い物スタイルに似ていて、実用的で地に足のついた姿勢を表しています。

バフェットは、大きな家に住まず、車を集めず、リムジンで出勤しないなど、生活の他の部分でもこの姿勢を貫いています。

バリュー投資のスタイルには批判もありますが、バフェットを支持するかどうかは別にして、証拠はプディングの中にあるのです。

 

 

rf
  • 日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

マネーリテラシー

コメントする