「ボリンジャーバンド」の定義とは?投資用語を分かりやすく解説

定義

ボリンジャーバンドとは、人気のあるテクニカル分析ツールの一つで、証券の価格ラインの下に1本、上に1本、計3本の異なるラインが引かれています。

その特定期間の移動平均が中間線として表記され、「エンベロープ」を形成します。

これらの線は、特定の証券価格が上下に動いているバンドまたはボラティリティーの範囲を示しています。

ボラティリティーは、特定の証券の標準偏差に基づいて示され、標準偏差はボラティリティーの尺度であるため、上下のライン/バンドで示されます。

ボリンジャーバンドは、1980年代半ばにジョン・ボリンジャー氏によって開発され、2011年に同氏がこの用語を商標登録しました。

当初はトレーディングバンドと呼ばれていましたが、後にジョン・ボリンジャー氏がこの概念を進化させ、ボリンジャーバンドと呼ぶようになりました。

 

説明

ボリンジャーバンドとは、ある証券価格が特定の期間に到達した高値と安値のレベル、およびその相対的な強さを示すもので、高値は上のラインに近く、安値は下のラインに近い位置にあります。

言い換えれば、形成された「エンベロープ」の端に近い価格ポイントは、特定の瞬間にパターンを認識するのに役立ちます。

帯域は、ボラティリティに応じて広がったり狭まったりします。

高ければバンドは広がり、ボラティリティが下がればバンドは狭くなります。

これらのバンドは、選択した期間の移動平均に関連して、売られすぎと買われすぎの状態を示します。

 

ボリンジャーバンドは移動平均線のエンベロープに似ていますが、両者の描画計算は異なります。

ボリンジャーバンドでは、標準偏差のレベルを考慮して上下のラインを引くのに対し、移動平均エンベロープでは、一定のパーセンテージを取ってラインをプロットします。

 

計算方法: ボリンジャーバンドの計算には、以下の変数が必要です。

 

a) 表示されている期間 – ‘N’

b) 標準偏差の値 – ‘s’

c) 3本のボリンジャーバンドまたはライン。

  1. N’期間の移動平均線またはミドルバンド MA (N)。計算方法は平均的な「移動平均」の概念を参照。
  2. N期間の価格標準偏差にSD測定値「D」(MA + D(s))を乗じた値だけMA線を上に移動させた上部バンドまたはライン。
  3. ‘N’ 期間の価格標準偏差に SD メジャー値 ‘D’ を乗じた値だけ MA ラインが下に移動した下側のバンドまたはライン (MA – D(s))

証券会社によっては、異なる変数設定を選択することができます。

一般的にトレーダーは、標準偏差2の20日単純移動平均を使用します。

 

例:ボリンジャーバンドの描画に使用した通常のパラメータを使用して、次のように選択します。

  •  証券:Nifty 50
  • データセット :毎日の終値
  • 移動平均: 20日間の単純移動平均
  • 標準偏差の測定値(D):2
  • 20日分の価格に対する標準偏差を算出
  • 満たされたレンジ
  • ここでは、緑のラインがアッパーバンドで、20日単純MA+(価格の20日SD×2)である移動平均の上の標準偏差を示しています。
  • 青線は、20日間の単純MAを示すミドルバンド
  • 赤線は、移動平均を下回る標準偏差を示す下側のバンドで、20日単純MA+(価格の20日SD×2)

 

 

Nifty50が7月に乱高下したときにバンドが最も広くなり、9月にNifty50が堅調に推移したときにバンドが狭くなりました。

 

ボリンジャーバンドを解釈する上で重要なポイントがあります。

  • バンドが収縮しているときは、ボラティリティーが低下しているため、価格が急変する可能性がある。
  • 価格がバンドの範囲を超えた場合は、現在のトレンドが継続する強いシグナルである。
  • バンドの外側で高値と安値が更新され、その後バンドの内側で高値と安値が更新された場合は、トレンドの反転が迫っていることを示しています。
  • 一方のバンドで発生した動きが他方のバンドでも再現される傾向がある場合は、将来の価格目標を決定するのに役立ちます。
  • 価格がバンドの上側に近づくと買われすぎ、バンドの下側に近づくと売られすぎということになります。
  • Mパターンは、アーサー・メリルがボリンジャーバンドを拡張して作ったシグナルのひとつで、価格が新高値を更新したときに確認できるMトップを識別するためのものです。
  • Wボトムとは、アーサー・メリルが考案したシグナルの一つで、価格が安値を更新した際にその強さを示すWボトムを確認するものです。
  • ボリンジャーバンドの使い方は、トレーダーによって異なります。あるトレーダーは、価格がボリンジャーバンドの下限に近いときに買うかもしれません。
  • 価格がボリンジャーバンドの中央の線に接触したとき、トレーダーはエグジットする傾向がある。
  • ボリンジャーバンドの上限バンドを超えたら買い、下限バンドを下回ったら売ります。

 

rf
  • 日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

投資用語

コメントする