Voices「DeFi」について知っておくべき4つのこと

ブロックチェーンとクリプトアセットの分野は、控えめに言っても、会計・金融サービスの多くの実務家や企業にとって、赤熱した注目の的となっています。

価格の上昇やボラティリティーが見出しを飾り、明確化と解決を必要とする未解決の税務問題がある一方で、融資や銀行、金融サービスを再定義するためのもう一つの大きな変化が進行しています。

分散型金融、より広く「DeFi」として知られています。

 

では、DeFiとは一体何なのでしょうか?

簡単に言えば、ブロックチェーン技術とスマートコントラクト機能を使って、従来の金融市場のプロセスを再現するアプリケーションのシステムです。

DeFiでは、価値の交換、借り入れ、貸し出し、金融商品の派生などのプロセスが、銀行や証券会社、取引所などの仲介者を介さずにすべて行われます。

 

DeFiを、消えていくテクノロジーのトレンドや流行の一つとして片付ける人もいるかもしれませんが、現実はもっと複雑です。

Wall Street Blockchain Allianceは、CPA.comと共同で、専門職にとってのDeFiの意味を論じたホワイトペーパーのプライマーを最近発表しました。

このプライマーでは、すべての実務家や企業がDeFiについて知っておくべきいくつかの大局的な考え方と、それが今後どのように進化していくのかが強調されています。

 

  1. DeFiはこれからも続く、だから自分自身を教育することです。近年のテクノロジーに関する話題の中で、DeFiを一過性のものとして片付けてしまうのは簡単ですが、それは近視眼的です。DeFiは、ブロックチェーンベースの経済の数十億ドル規模の一部となっており、実務者は、DeFiとは何か、どのように機能するのか、そしてこのアプリケーションの意味を認識する必要があります。
  2. DeFiはすでにビジネスを変えており、抽象的なアイデアではありません。金融情報の処理と確認の分散化は、DeFiの可能性の最初の例に過ぎません。モノのインターネット、5G技術とその関連アプリケーション、さらには自己主権型のアイデンティティなどのアイデアは、DeFiアプリケーションの活用が進むことで恩恵を受けることでしょう。これらのアイデアについて、現在の状況を説明することは重要です。例えば、DeFiの運用を支えるための総資産は、イーサリアムのブロックチェーン上で約1,000億ドルに近づいています。また、「Compound」という1つの組織は、最近、単独でそのような資産が100億ドルを超えた。DeFiがどのように検討されているかはともかく、金融市場の大規模かつ急速に成長している要素であることは間違いない。
  3. DeFiのユースケースはまだ開発中です。DeFiはまだ始まったばかりですが、いくつかの分類された利用方法があります。
  • リクイディティ・マイニングまたは “イールド・ファーミング”。これは、参加者のプールに暗号資産を貸し出して、新しいコインやトークンという形でリターンを得るプロセスです。
  • Crypto Staking利子を得るために「デジタルウォレット」に暗号保有物を保持するプロセスです。
  • Crypto lending(クリプトレンディング)。これは、投資家が暗号通貨を使って貸し手から借り入れることです
  • 分散型デリバティブ。これは、暗号通貨取引所が、仲介者を必要としないオンラインでの暗号通貨の直接のピアツーピア取引を可能にすることです。
  • デリバティブ。現実世界の資産を表す合成資産のことです。
  1. DeFiはまだ未知の領域です。これらの数字を見て、さらにこの分野について調べてみると、不思議に思われるかもしれません。なぜDeFiは会計の話題の中で注目されないのか?簡単に言えば、DeFiの会計と報告がどのように機能するかについて、まだ不確実性と曖昧さがあるということです。これは、ブロックチェーンや暗号資産の分野にすでに存在する曖昧さや不確実性をさらに悪化させるものです。さらに、DeFiセクターの台頭は本当に2020年に始まったばかりで、このアイデアはまだ採用と実装の非常に初期の段階にあります。

 

覚えておいてください。今はまだDeFiのアイデアは遠くに感じられるかもしれませんが、あなたの組織や顧客がこのトピックについてアドバイスを求めてくるようになるまで、そう長くはかからないでしょう。今のうちに教育を受け、準備をしておきましょう。

 

 

rf
  • 日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

ホーム

コメントする