仕事を辞めて、自分のビジネスを始めるべき3つの理由

あなたは毎週金曜日の午後に週末を迎えることを楽しみにしていますか?

週末がもたらす興奮や喜びを大切にしていても、月曜日がオフィスでの退屈でストレスの多い一日に過ぎないという現実に直面すると、すべてが水の泡になってしまいますか?

9時から5時までの仕事をしていても、経済的な自由は得られませんし、自分らしい生活を送ることもできません。

 

しかし、ビジネス・オーナーになれば、それが可能になります。

仕事が好きな人でも、仕事を辞めてフルタイムのビジネスオーナーになるべき理由のトップ3をまとめてみました。

多くの人がビジネスオーナーになりたいと思う3つの大きな理由は以下の通りです。

 

 

1.誰のためでもなく、自分のために働く

 

「自分の夢を作らなければ、誰かが自分の夢を作るためにあなたを雇うだろう。」 – トニー・ガスキンズ

私は以前、建設現場で労働者をしていました。

日の出から日没まで、床を掃除したり、ゴミ箱に荷物を入れたり、工事現場の瓦礫を片付けたりしていました。

他の労働者からは罵倒されたり、いじめられたりしていました。

これは私の人生には向いていないと思いました。

週80時間の労働に縛られていては、本当の意味での幸せは得られないと思ったのです。

私には達成したい目標や夢がありました。

他人の床を掃除していても、それは叶いませんでした。

毎朝、イタリア製のスーツに身を包んだ上司が、高級車で帰っていくのを見ていました。

私は、誰かの目標や夢を手助けすることに時間を費やすことに疲れてしまったのです。

私は、ビジネスオーナーや起業家になることで得られる自由と可能性に常に興味を持っていました。

そこで私は、空いた時間のすべてを使って、ビジネス、金融、起業、不動産、パッシブインカムなど、あらゆる側面を独学で学び始めました。

そして、短期間で「床掃除からドアの所有まで」という最初の不動産会社を立ち上げました。

 

 

2.自分のビジネスを持つことは真の自由をもたらします

 

自分の時間を選ぶことができ、目標を達成するための自由が得られます。

退職後の目標も、将来の経済的安定も、すべて自分でコントロールできます。

あなたがビジネスを経営すれば、500マイル離れた人事部がそれを指示することはできません。

自分のビジネスを持つことは、完全に自分次第で、自分の努力に基づいたライフスタイルを作ることができる、無限の可能性を秘めた自由をもたらします。

ほとんどのものがそうであるように、市場には浮き沈みがありますが、人々は常に一定のニーズを持っています。

そのニーズに応えることができれば、きっと成功するはずです。

人類にとって最も重要な「食」と「住」を例に考えてみましょう。

 

 

3.投資で成長できる範囲は無限大

 

9時から5時までの仕事では、稼げる金額に限界があります。

1年365日、毎日働いたとしても、決められた役割から、決められた時給に制限され、それを超えることは非常に難しいでしょう。

私は不動産投資を専業としているので、自分の好きなように生活することができます。

例えば、1年に1軒の家を買って修理したり、フリップしたりすることもできるし、1年に100軒の家を買うこともできる。

また、月に5軒の家を卸して、1軒につき5,000ドルの利益を得ることができれば、月に20軒の家を卸すことができます。

これらの結果は、最終的には私の努力と犠牲の上に成り立つものです。

本当に、私やあなたの成功には限界がありません。

だからこそ、それを実現するために外に出るのです。

 

往々にして、手放すことへのリスクや失敗への恐れが、偉大なことを妨げることがあります。

現実的には、恐怖心を乗り越えて自分の夢を追求できる人は、ごく一部に過ぎません。

私の不動産ビジネスの機会は、私と私の家族に多くの素晴らしい機会を与えてくれました。

そして何よりも素晴らしいのは、私が日々生きている夢は、私の仕事の直接的な結果であり、誰にも、誰の会社にも奪われることはないということです。

 

 

rf
  • 日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

投資コラム

コメントする