Amazon創業者ジェフ・ベゾス 、自身を時限爆弾に例えられた過去をInstagram回想する。

 

つい先日、Amazon創業者ジェフ・ベゾスが自身のインスタグラムを更新、

 

過去に、自信と会社を時限爆弾に例えられた雑誌のカヴァーがあって、

 

「うちの母親は、この写真大嫌いだったんだよ」と言ってしましたけど、

 

Instagramでの投稿でも、当時の心境を語るかのような言葉を綴っていたので紹介します。

 

 

 

それがこちら。

 

Listen and be open, but don’t let anybody tell you who you are. This was just one of the many stories telling us all the ways we were going to fail. Today, Amazon is one of the world’s most successful companies and has revolutionized two entirely different industries.

 

翻訳すると、

 

耳を傾け、心も開くこと。でも誰に対しても自分が誰かを教わらなくていい。それは、私たちが失敗することを教えてくれる数多くの物語の一つだ。今日、アマゾンは世界で最も成功した企業のひとつであり、まったく異なる2つの業界に革命をもたらしました。

 

人の意見を聞くのはいいけど、人の意見に流されてたらダメだぞと言ってるんでしょうね、過去に、Amazonはいつかキャッシュバーンを起こして破産すると言われてましたからね、その当時の声に影響されて、戦略を変えてたら失敗した、自分のことは自分の頭で意思決定して生きたから、

 

成功したんだと言いたいわけでしょうね。

rf
  • 日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

マネーリテラシー仕事

コメントする