米国の格差は金持ちが更に金持ちになる上方向の格差。日本の格差は普通の人が更に貧しくなる下向きの格差。

 

たまたま読んだ記事で、とても勉強になる記事を発見したので、読者の皆様にシェアします。

 

詳しくは、このリンクを読んでほしいのだが、簡単に説明すると、この記事は現在の日本の壊滅的な現状をよく表している。

 

 

例えば、米国の格差というのは、世界的に見ても、とんでもない格差が広がっていて社会問題になっているのだが、

 

しかし、米国の格差というのは、金持ちが更に金持ちになるという上方向の格差であり、才能のあるやつは何処までも上へ行き、優秀な奴らが外国から集まってきてどんどんそいつらだけ豊かになり、

 

才能のない人、頑張れない人に対してはすっごく厳しいという、まじで弱肉強食みたいな感じになっている。それはそれで問題だが、国家は栄える。

 

違うで、日本は金持ちは増えずに、普通の人が非正規の増加などで更に貧しくなるという下向きの格差であり、優秀な人材は外国へ逃げ、超金持ちはどんどん金持ちではなくなり、稼げなくなる。

 

これの方が国家にとっては大問題w

 

それで、必要なのは規制緩和と構造改革で成長を促すのと、貯蓄から投資を更に加速させることという記事。すごく勉強になるのでおすすめです。

 

rf
  • 日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

お金日本経済

コメントする