バイデン大統領、オミクロン株について「入国制限がもはや公衆衛生を守るために必要ではない」

アメリカのバイデン大統領は、昨今のオミクロン株の問題について、

南アフリカなど8カ国を対象に設けていた入国制限を31日に解除すると正式に発表したとのこと。

曰く、「入国制限がもはや公衆衛生を守るために必要ではない」と説明している。

rf
  • 日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

コロナバイデン

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。