Germany

ドイツの人口、2030年ごろより本格的に下落してく模様

イーロンマスクはこの前、「我々はもっと人口減少を心配したほうがいい」と投稿し、

 

その後「日本は将来の人口が6800万人になりゴーストタウンが続出する」と連続投稿しました。

 

 

 

 

ただし、こういう傾向は世界中で顕著に見られておりまして、例えば日本と似たような感じで経済発展を成し遂げた小さな奇跡、ドイツも同様の未来を辿るとされております。

 

 

ドイツは大多数の移民を受け入れまくるも虚しく、2030年をピークに大きな人口減少の波に襲われるようで、

 

イーロンマスク曰く、どうにかしないとまずい状況にありつつあります。

 

ドイツの話を例にとれば、どうやらドイツでは2016年に生まれた新生児のうち18万4660人、全体の23%の母が外国人だったとのこと。

 

だけれども、国の方針として闇雲に移民を受け入れまくって強制的に人口を増やすとそれなりの副作用は否めない。

 

例えば、ドイツの場合はユーロの価値が高めだったり、EUの経済規模も巨大で、ヨーロッパには人も多く集まりやすいため、ハイスキル人材を受け入れまくることもできるのだろが、

 

日本みたいに島国でガラパゴス化してて排他的な文化もあり、英語もまとも通用する人も少なく、日本円の価値も低いため、ハイスキル人材が日本に来なければ、

 

大したスキルのない外国人ばかりが大量流入した場合、安く働く人だけ増えて、結果的に国民の所得の総量がガンガン下がっていくというジリ貧になりかねない。

 

ああ、世の中大問題だらけで困ってしまうな。

 

ちなみにだが

日本の人口は

2022年1.27億人⇨2060年0.87億人へと3割減少

 
米国の人口は
2022年3.21億人⇨2060年4.17億人へと約3割増加
となっておりまして、米国って凄まじいなあって思っています。
 
 

 

rf
  • 日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

ドイツ

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。